# フィルターを使う

CATOVISには、翻訳メモリ/用語集内の検索をするフィルター機能があります。フィルター機能を使うには、メニューバーの「Page」から「Filter」を選んでください。

img

フィルター機能として、クイックフィルターと詳細フィルターを備えています。Filter の横にある Quick ボタンまたは Advanced ボタンで切り替えることができます。 また Hide ボタンをクリックすると検索フォームを隠して、より多くの結果表示を見ることができます。

もう一度検索フォームを表示させるには、再度 Hide ボタンをクリックします。

# クイックフィルター

原文/訳文、または翻訳メモリ/用語集を問わず、入力したテキストを含むペアを検索して表示します。

テキストフィールドに検索したいテキストを入力し、 APPLY ボタンをクリックしてください。 また、テキストは CLEAR ボタンで消すこともできます。

img

# 詳細フィルター

原文/訳文ともに3つまで条件を入力できるフィルターです。 以下の条件が選択できます。

  • 原文の3つの条件が AndOr
  • 原文の3つの条件はそれぞれ 完全一致部分一致
  • 訳文の3つの条件が AndOr
  • 訳文の3つの条件はそれぞれ 完全一致部分一致
  • 原文と訳文の条件が AndOr
  • 検索対象は翻訳メモリか用語集か、あるいは両方か
  • 何番の翻訳メモリ/用語集から検索するか(-1 = すべて)

TIP

原文または訳文に対し、完全一致And検索 を同時に行うと結果は必ず0件になります。 これは”XXX”であり”YYY”でもあるという文は存在しえないからです。

# Wordからのショートカット

Word上でフィルターをかけたいテキストを選択し、 【Alt + Q】 を押します。すると、選択していたテキストでクイックフィルターを実行することができます。

WARNING

この機能はCATOVIS 0.4.6以降でのみ実行できます。