# 翻訳スニペット

Word上での入力補助ツールとして、翻訳スニペットがあります。

これは照会した原文に対応する翻訳メモリや用語の一部を入力することで、残りを補完できる機能です。

# 翻訳スニペットで用語を使う

翻訳スニペットは、Wordから原文の照会時に、CATOVISが翻訳メモリまたは用語を表示したときのみ使用できます。

翻訳スニペットを使うには、Word上で 【Alt + ,】 を押してください。マウスカーソルの近くに下図のようなテキストボックスが現れます。

img

このテキストボックスに用語の一部を入力し、 【Ctrl + ↓】 を押します。すると、その文字を含む用語が選択肢に出てくるので、 **上下キー ** で選択し、 Enter キーを押します。

img

これで選んだテキストを、元のカーソル位置に貼り付けることができます。

# 翻訳スニペットで翻訳メモリを使う

基本的には上記の翻訳スニペットで用語を使うと同じ操作です。選択肢中に用語とともに翻訳メモリの一部が現れるので、 **上下キー ** で選択し、 Enter キーを押します。

ただし翻訳メモリについては、 サブTM のように扱えるにしています。

これは翻訳メモリの部分部分を、より簡単な操作で貼り付けられるようにしたものです。現在では読点やコンマ、括弧()「」などで分割した単位での貼り付けを実現しています。

# 翻訳スニペットを終了する

Esc キーを押すと、翻訳スニペットのテキストボックス内の文字を消すことができます。

テキストボックスに文字が入力されていない状態で Esc キーを押すと、翻訳スニペットは終了します。